FC2ブログ
無ぅじん日記 -やさしいだけのあいつを忘れて-
不安定更新 雑記やつぶやきに収まらない事など
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独のグルメレポート 大威震三連制覇編 2・3件目
※一件目はこちらから→

2件目 シャツと私とアームロックとハンバーグランチのお店

・・・の前に、正直腹があまりにも限界点だったので1時間ほど赤羽を
歩いて腹を減らす


うむ、全然減らないね!


逆に吐きそうになるからとっとと移動しましょうと言わんばかりに
電車に乗り込む



うっかり2駅乗り過ごしたりしたりして 2:00に大山着、俺は
電車に呪われているのか。

大山には初めて来た、地元の住宅街という感じでいい雰囲気だった
人懐っこい猫もいてナデナデしまくる

適当にうろうろしてみると発見、モデルになったお店は「洋包丁」
P1000012_20110212185028.jpg


チェーン店のようですが話を聞くと別の店ではハンバーグランチが
無かったり、チェーン店のくせに店の揃いが違うという謎のお店です


早速店内へ
うむ、漫画通りの店内構成

しかしあの店長は居ない
アホみたいな瓦割りのポスターも無い
呉さんもいない
  ※ココによると十数年前にはそっくりな方が居たそうですが…
   http://ameblo.jp/oharan/entry-10026295450.html


いるのは普通の店長と女性従業員2人
落ち着いた下町の小さな定食屋の雰囲気で
アームロックを決めるわけにはいかない

あまりにも普通なのでうっかりアームロックなんて決めたら
「それ以上いけない」と制止されるどころか普通に警察呼ばれそうだった

他には何とかって番組で紹介されていた事が描かれていたり
その時のサインだろうか、そんなのがあった、来た芸能人も孤独のグルメ見て来たって
オチだろどうせ、何書いてんのか分かんないサインで誰だかわからなかった

ランチを待つ間、少しでもお腹を空かせる為トイレに行く
そこでどうでもいい事件が起きた。

和式のトイレでありましたが、手すりのような掴みが一切無かったので
仕方なく姿勢を直す為にトイレの水道パイプを掴むと、パイプの隙間から
水が吹き出し、顔面に水がめっちゃかかった
repo01.jpg

よくみるとガムテでぐるぐる巻にされており、少しパイプを押し戻すと
水が出なくなる、微妙な位置で固定されていたのだった。


まさか洋定食屋に来てぶっかけされるなんて誰が想像したであろうか
まあ誰かのせいじゃないし俺のせいなので「ターセル様様やわ」と落ち着かせ、顔を拭いて
カウンターに戻るとランチが来ていた。


ハンバーグランチ
          750円
P1000011_20110212185448.jpg


ほー、いいじゃないか、こう言うのでいいんだよ


よくあるような俵型のハンバーグではなく、ミンチを伸ばしたような
形のハンバーグであった。

少し話は脱線するが、ウチの母は料理は上手い方であるが、
何故か異常なまでにハンバーグ不味かった。

ぐちゃぐちゃ原型を留めてない上に中の玉ねぎが生であった。
文句を言わず食べていたが大学入るまでハンバーグが正直
めちゃめちゃ嫌いだった

  ---------------------------------------------------
  美味いハンバーグ屋に連れてかれハンバーグの美味さを知り、
  壮絶な死闘の果てに現在の母のハンバーグは非常に美味い
  ものになったがその話は別の機会に
  ---------------------------------------------------

見た目はハッキリ言ってそのデスハンバーグとそっくりだった、
嫌な予感がずっとしていた。


一口食う



んまーい!

非常に柔らかいハンバーグで箸でもさくさく裂ける
ハンバーグソースもケチャップを基にしたソースでまろやか

カレー風味のスパゲッティとポテトフライが地味に美味しい。
ハンバーグだけで飽きないようにしてる。

目玉焼きも半熟なのでハンバーグ半ばで目玉焼きを食べることで
こぼれた黄身がソースと絡んでいい味になる

豚汁も美味しいが少し濃い目のおつゆに豚バラが多かったら
嬉しかったかなという感じですが大根はたっぷりなので個人的には嬉しい。


シンプルなハンバーグセットで美味しかったですね。

ジャンボはいずれ頼む日が来たらいいですね。



正直お腹は限界だ
しかしそれ以上に眠い

お腹いっぱいで余計眠くなる、非常に単純な行動基礎を身につけていると思いつつ
3件目 石神井公園の休憩所

3:30 石神井着
正直もうどうでも良くなってきている

賢者タイムと言わんばかりに食に対して無欲の境地に達している。
ほぼ不眠の状態で9時前から移動しっぱなしなのでもうテンションも
正直低い、歩行速度が一回ご老人に負け、俺はただ遠くを
見つめるしか出来なかった


石神井も初めて来たがこちらも落ち着いた街並み
変な言い方であるがご老人が多い町です。

石神井公園自体が名所的な感じということで特に散策することもなく
石神井公園へ直行


うむ、ただのデカい公園だな!

アヒルちゃんに乗りたかったが男一人で乗るのもアレだし
しかもこの日はそもそも乗れない(結構な範囲が凍ってたか何かで)
P1000010.jpg



カモが池に沢山居た。
私の父に丸々カモを捌くのを手伝わされたこともあったのを思い出したが
今は全く関係ないので省略。


到着…と言いたいが張り紙があった。


店内写真撮影禁止


・・・。


がーんだな。


まあなにがあったかは想像に難くないですが。

チェリオの自販機だけあったのでこっそり撮影
P1000007.jpg


 (しまった!見切れてる!まあいいや!)

振り返ると店長らしきが「何撮ってんだゴラァ!」と言わんばかりに
睨んでいたがこんな顔してやりすごす
レポ007


すこし奥に行くとおでんのいい香りが休憩所に漂う
今の俺には匂いだけでもう食えなくなった、ここでおでんとカレー丼
レポは断念、しょうがないのでチェリオだけ飲む


今のチェリオはグルメでは瓶だが、ペットボトルだった
チェリオを飲んで休憩する


チェリオってアレだね、マズイね。

 -------------------------------
 ちゃんとしたレポート観たかったらこちらの方のレポート見ろってんだ!
 http://masan.sakura.ne.jp/htm/kodo/11syakuzii.htm
 
 写真撮影OKの時代だったのでしょうか。
 チェリオもちゃんとビンですし
 -------------------------------

余談であるが将棋をしていたご老人がくっそ集まっていたが
アレ絶対真剣だよ、あの爺さんたち真剣師だよ絶対。
「ハチワンダイバー」を毎週読んで単行本も買っている
俺だからわかるね、間違いない。


(案の定寝てしまい1駅乗り過ごしながらも)帰宅して
最後に幸せなプリンを食べて終了。
P1000006_20110212192250.jpg


これ普通のクリームプリンだね、値段の割には普通だな、プッチンプリンにすりゃよかった


こんな感じで3箇所めぐりはグダグダになって終了
次に訪問するのは・・・あなたのお店かもしれません(塩ナレーション)


 追記
  焼肉レポートは既に去年の話になっているのでもう全然覚えてないので
  書けなかったよ兄貴・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。