FC2ブログ
無ぅじん日記 -やさしいだけのあいつを忘れて-
不安定更新 雑記やつぶやきに収まらない事など
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
俺と親不知
どうも、虫歯になった親不知を抜いてきました 
無ぅじんです
oyasiraz01.jpg
適当に描くとこんな感じで虫歯に

親不知が歯肉に8割以上被さってたから手が出せませんでした
大きめの病院でやる羽目に

被さっている歯肉をメスで開いて引っこ抜くとな

麻酔を打つ

何だこの麻酔の痛さは
「チクッとしますからねー」ってレベルじゃねーぞ

とまあ針が大きいと思われる麻酔を打つ


痺れる


こんな強力な麻酔は初めてです

顔の左下の感覚がゼロです
oyasiraz02.jpg


歯医者でよくある「うがい」が出来ない

口をゆすぐと左唇からダダ漏れする
oyasiraz03.jpg

なんとか抜歯を終える
3針縫う

看護士さんからこれからのことを聞く
「薬は・・・」
「食事は・・・」

「あ、あとそれから明日か明後日にとんでもなく腫れるので気をつけてくださいね、冷やすのは厳禁ですよ」

・・・去年普通に親不知を抜いたので大体事はわかっていた


帰りに収血用のガーゼでは収まりきらないぐらい血が出て
口内の血のにおいが我慢できなくなり
口にたまった血を吐き出す


下水溝に落ちなかった地面の血を眺めながら
「・・・くっ・・・俺の病もココまで来たか・・・
しかし・・・まだ死ねん・・・」

とか中二丸出しな事考える

皆も口切ったりして血が我慢できなくなって、吐き出したりしたら
考えたことあるよね?ていうかやるよね?

やんない?

・・・そう・・・


※言い訳になるかもしれませんが
普段の俺は路上につばを吐くとか絶対しない人間だと付け加えておきます



麻酔が切れてズキズキする
痛み止めを飲む

痛み止めでは未着の糸部分の引っ張りの痛みが消えないので大きく口を動かさないようにする

その日のバイト中に既に痛みと腫れが目立ってきた
前回より痛い程度で済むと思ってた


その深夜




きゃあアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああアアアアアアアアああああああああああああああああああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああ

痛い

メチャメチャ痛い


炎症が本気になり寝て2時間後に目が覚める
痛すぎて眠れない

と言うか頬の異常な重量感が口内の糸を引っ張るので痛くて横になれない
苦肉の策として漫画でよくあるアレをする

oyasiraz04.jpg

アレ

これスゴイ
考えた人天才

このタオルが「患部保護+腫れた頬を持ち上げて患部の負荷を抑えている」と初めて理解する

苦肉の策がとても有効打だった

少し楽になるものの熱による痛みと不快感が堪えきれず結局寝れずじまい
今思えば痛み止めをもう一錠多く飲めば楽になったのかもしれない


今日・・・
すっごく腫れる
漫画みたいに腫れる
oyasiraz05.jpg
俺のアゴのラインってこんな感じなんですが

誇張じゃなく
oyasiraz06.jpg
これくらいになる
左だけ宍戸錠状態

重くて熱くて痛いお


今日バイト無くてよかった・・・

皆も歯には気をつけましょうね

それでは
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
やっぱ歯を抜くって大変なんだなぁ…(´Д`;)

と歯医者に言ったことの無い者の感想
2008/08/15(金) 14:23:59 | URL | J-KT #-[ 編集]
私の場合は2つの歯の虫歯が進行しすぎて神経を取らざるを
得なかった事があります。
でも腕のいい歯科医の人だったのでさほど痛くはなかったのが救いですが。

私が言うのも何ですが歯は大切にしましょう。
2008/08/15(金) 15:32:54 | URL | mokichi #-[ 編集]
J-kt氏
虫歯とかならないのが一番ですよ・・・
いい歯をしているな!と言われるのが一番!

mokichiさん
幸い神経を抜くほどではないのが幸いです・・・
結構放置していたと思ってたんですが
2008/08/18(月) 09:19:24 | URL | 無ぅじん #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.